第4章「勉強が嫌いで仕方ない人へ」〜偏差値40からの早稲田受験〜

 

勉強が本当に嫌い。
勉強が手につかない。
勉強をはじめたものの、勉強に対して大きなストレスがあり、イライラが止まらない。

 

そんな人、多いかと思います。
中には勉強ができない自分を責め、自暴自棄になったりする人もいるかと思います。

まず、ここで言いたいのは、それは決して

 

「あなたが悪いわけではない。」

 

ということです。

私が皆さんにお伝えしたいこと、大学受験が終わり、合格してわかったことの1つに、

 

「人間の感情と結果は別」

 

であるということです。

 

 

私は大学の受験勉強を始める前は、実は高校受験も経験せず、推薦入学で入ったため、大学受験は人生初の受験、そして勉強への挑戦でした。
くわえて、高校時代は部活に熱中しており、朝練もあったため、授業のほとんど居眠りをしていました。よく授業中、先生に怒られたものです。

 

つまり、私は勉強というものとは疎遠で、受験勉強を開始した当初は勉強が嫌いで仕方ありませんでした。

「いつか成績が上がり、大学に合格する頃には勉強のスーパーマンになっている。」そんなことを夢見ていましたが、現実は、大学入学後、そして大学を卒業し、社会人になった今も、実は

 

「勉強が嫌いで仕方ありません。」

 

いまだに勉強をしようとすると気分が下がりますし、少なからずストレスも感じ、本を開くのも気が引けます。

そんな私でも、難関大に合格できたのです。
勉強が嫌いなのは皆さんと同じ。

では受験前と合格後、もしくは合格に際して必要なことは何かと考えると、以下のようになります。

 

①人間そして自分というものを知ること
②勉強法の改善
③生活習慣の改善

 

 

まず、「①人間そして自分というものを知ること」については、大前提として我々人間は、生物であるということを再確認し、そしてその上で自分自身もその例外でないということを改めて考えて頂きたいです。

何が言いたいかというと、我々はロボットのように動き、働き続けることはできないということ、つまり、睡眠も取らなくてはいけないし、感情の起伏もある。集中力にも限界があります。

実は勉強が嫌いな人は、人間として当たり前の生理現象である睡眠欲であったり、感情であったりという人間の本来から備わる生物的現実を否定しがちです。

 

自分はやる気がないから寝てしまうんだ…。
私は勉強が嫌いだから集中できないんだ…。
勉強しているとイライラする。私はダメだ。
勉強の才能がない…。

などなど。

上記のようなことをよく考えてしまう人は、端的にいうと勉強というものを勘違いしています。

 

"勉強というものは生物学的ルールを守った上でこなしていくもの"

 

ということをまずは理解して下さい。


1週間の平均睡眠時間を3時間以下で過ごす。や、勉強の休憩時間を取らずに10時間続けるというのは、人間の生物学的ルールを破っているものであり、不可能なことです。

私は1週間の平均睡眠時間は7時間程でしたし、休憩も1時間〜1.5時間おきに取っていました。それでも難関大に合格できました。むしろ、体調管理をしっかりし、自分をコントロールすることの方が合格への近道であり、王道なのです。

 

次に②の「勉強法の改善」につきましては、いくつかポイントがありまして、

・「勉強スケジュールを試験日から逆算して、今何をすべきかを整理する。」→例)今はセンター試験30日前だからテスト演習中心にするなど。

 

・「集中力が維持できるよう、勉強科目、場所等を工夫する。」→例)今日は数学やる気でない。だから国語をやろう。勉強部屋では集中ができないので、リビングで勉強しよう。など。

 

・「自分なりの勉強テーマを持って、勉強に臨み、PDCAを実行する。」(*PDCAサイクルとは…Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を繰り返すことで、業務をどんどん改善していく手法です。)→例)英語の文法が弱いので、今日は文法をやる。このままのペースでは受験に間に合わない。勉強量を増やしてみよう。など。

が挙げられます。


勉強法を良くするには、いかに集中力を切らさないか。テスト合格のために効率的に知識をインプット、アウトプットができるかが肝となってきます。これらを意識して、勉強に取り組んでみましょう。

 

最後に「③生活習慣の改善」につきましては、
体調管理もさることながら、どちらかというと"ライフスタイル"の改善というということです。

"ライフスタイル"とは、あなたの生活ひいては人生の価値観であり方向性、つまり今あなたにとって何が大切だとか、どういったことが楽しみなのか、何が目標なのかということです。

 

人それぞれ価値観はあるかと思いますが、もし今、厳しい受験という環境に身を置いているのであれば、あなたの生活の優先度の高さを勉強に置きましょう!

 

スポーツに例えるならば、オリンピックで金メダルを取るためには、多くの時間と人間関係を犠牲にし、それに取り組むことが求められます。勉強も同様、難関大に合格している人は多くのものを勉強に費やしています。分かりやすくいうと、覚悟とそれに対する実行を着実にこなしています。

 

あなたは勉強、受験に対してどれだけのものをかけることができますか?どれだけ勉強にストイックになれますか?そのやり方がわからないのであれば、単純に勉強のため、成績が上がることに関係のないこと、活動は一旦控えてみましょう!

 

さて、最後にもう一度、自分自身を分析し、振り返ってみましょう!あなたが勉強に対して嫌いと感じる時はいつですか?またどんな理由でしょうか?それが自分なりに明確になったら、その理由を潰し、勉強に対する生産性を上げていきましょう!

 

まとめると…

 

「勉強は嫌いのままでいい。それを自ら上手くコントロールし、計画的かつ効率的に勉強すれば、難関大に合格できる!」

 

以上、お読みになって頂き、ありがとうございました。